喫煙者には生きにくいですね

喫煙は犯罪ではない

健康ブームや、たばこの増税、世界的な禁煙の流れで、日本でも禁煙をする人が増えています。

 

しかしなかには、吸い続ける人もいます。
タバコを吸う事自体は法律で認められている権利ですし、吸うことに問題はありません。

 

しかし、最近の禁煙ブームにより、喫煙者のかたはかなり肩身のせまい思いをされているようです。

 

しっかりと喫煙スペースでタバコを嗜む分にはなんの問題のないですが、タバコを吸う、というだけで印象が悪くなるのも事実。
その理由は喫煙者のマナーと副流煙の害が大きいでしょうね。

 

どうしてもタバコを吸う方はマナーに気を付けていないように思えます。
道路でポイすてをする方が非常に多いですよね。

 

タクシーの運転手が路肩で客待ちをしている時に外のたまった吸いがらを捨てているのとかもよく見かけます。
ただでさえ、副流煙で吸っていない人の多大な迷惑をかけているのですから、せめてマナーくらいはきちんと守り、街を汚さないようにするべきでしょう。

 

公共の場での喫煙は非、喫煙者に本当に大きな迷惑と不快感をあたえますので、特に気を付けてもらいたいところです。
ポイ捨てする人が多すぎで、携帯灰皿を持ち歩いている人はそれだけで良い人、マナーの優れた人に見えてしまいますが、本来ならこれは当然の行動であり、特に称賛される行動でもないんですけどね。

 

喫煙者のマナーが悪いことが原因で、喫煙=マナーが悪いという図式が出来上がっているようです。