ニコチンガムやニコチンパッチの仕組み

ニコチンガムやパッチでの禁煙

2006年から禁煙治療に健康保険が適応され様になりました。

 

タバコを吸い、ニコチンを摂取しないとイライラしてしまう状況を改善する薬が発売されています。
禁煙外来で処方してもらえる貼るタイプと飲むタイプがあります。
貼るタイプはニコチンパッチ、飲むタイプはバレニクリンという成分が入っているもので、薬の名前はチャンピックスです。
一部のニコチンパッチや、ニコチンガムはドラッグストアなどで買えるものもあります。

 

バレニクリンは喫煙時の満足感を緩和する作用もあります。
喫煙時の満足感、快感を抑えることで、次のタバコに手が伸びにくくする効果があります。

 

ニコチンガムとニコチンパッチはニコチンで起こるイライラする状態を緩和することが目的です。
少量のニコチンを摂取することで、禁煙中のイライラを抑え、禁煙を成功しやすくする補助薬です。

 

手軽にドラッグストアなどで、ニコチンパッチとニコチンガムは買えますが、医療用に比べて、ニコチンパッチは成分の量が少ない分効果が薄く、ヘビースモーカーにはニコチンが足りず、イライラ感などが抑えきれない可能性があります。

 

ヘビースモーカーにはチャンピックス(バレニクリン)の方が効果的と言われています。

 

ニコチンガムやパッチの目的は、禁煙する際に非常に問題となる離脱症状の緩和といえるでしょう。

 

ニコチンをタバコで摂取するかわりに、少量のニコチンを摂取してイライラを、我慢できるレベルまで引き下げることが目的ともいえるかもしれません。
このタイプの問題は、どうしてもその人の精神力や決意といったものに成功、失敗が左右される点にあります。