タバコの増税のメリットは大きい

タバコ値上げ、増税の良い点

アメリカの調査報告によるとタバコの値段が10%増加されると、喫煙者は減少されますが、その中で喫煙が習慣化していない10代の若者は12%も減ると言われています。

 

これから生きる時間が長い若者にとってこの傾向はとても意味がある事だと思えます。
増税、値上げにより喫煙をやめるのは、中年より若者が多いという調査結果が出てきました。

 

若者の喫煙のデメリット

若者が喫煙をするデメリットは「重度なニコチン依存症になりやすい」「喫煙により薬物依存への意識的抵抗が薄くなる」「健康への被害が大きい」などがあげられます。喫煙防止のためには地域や社会で協力し、対策を練る必要があります。
学校での喫煙規制、タバコの広告の規制により減らす事は可能かもしれません。
そして、若者の喫煙のきっかけとして、知識の少なさ、危険度の認識の甘さ、タバコが安価に買えるなどがあげられます。

 

漫画やアニメなどのキャラクターがタバコを吸っていると“カッコイイ”“大人”などのイメージが含まれている事もあり、
安易に手を出してしまう状況も否定する事は出来ません。周りの大人の影響、育った環境、それらも若者の喫煙の要因になるかもしれません。

 

喫煙期間の長期化

若い内から喫煙する事により、長い期間吸いつづける事になります。
すると健康への被害が深刻になるのです。若い内は細胞が活性化されており、癌なども早く進行すると言われています。

 

年を取るとそれは徐々に進行が治まって行きますが、若い時期にタバコを吸い続ける事はこの面に見ると、とても危険なことなのです。
そして喫煙により身体機能が低下し、スポーツへの影響も出て、呼吸器官の障害やぜんそくになる事もあります。

 

タバコ以外にも依存する可能性

性行動の依存や、アルコール、他の薬物の使用に抵抗が無くなる可能性も挙げられています。

 

若い内から一度依存すると止めようとしても、なかなか止められない事がわかっています。
そうならない為にも禁煙は必要かもしれません。

 

若者の喫煙状況の改善としての増税

最近は日本でも学校の敷地内での禁煙が若者の喫煙防止に繋がってきています。
更に、公共施設の禁煙や、法律での規制、CMの規制により若者の喫煙が減少してきているのかもしれません。

 

他の国と比べて日本のタバコは安すぎる事がわかっています。タバコの先進国は1箱1000円が当たり前だそうです。
日本では安価で買えるため、多くの人が気軽にタバコを買ってしまうのかもしれません。

 

値上がりすると、当然経済的にタバコをやめざるを得ない人も出てくるでしょう。

 

喫煙者を減らすためには、増税、値上げすると何かしらの効果があるかもしれません。
愛煙家の人にはとても迷惑かもしれませんが、周りの人の為にも、自分の為にもぜひ、禁煙をして健康になっていただきたいです。

 

タバコ増税により、若者の喫煙率は低下する可能性を秘めているのです。